賃貸管理information

税金に関するQ&A

賃貸マンション経営を始めたときの届出書は?

賃貸マンション経営には特別な資格や許可などは必要ありません。しかし開業をする場合に税務署に提出すべき主な書類としては次のようなものがございます。

「個人事業者の開廃業等届出書」

「所得税の青色申告承認申請書」

「青色事業専従者給与に関する届出書」

「所得税の減価償却資産の償却方法の届出書」

「所得税青色申告承認申請書現金主義の所得計算による旨の届出書」

などがございます。

アパート・マンション経営を開始した初年度から青色申告を利用する場合は開業後2ヶ月以内に納税地の所轄税務署に届け出をする必要がございます。
 ただし、2年目以降に白色申告から青色申告に切り替える場合や、その年の1月15日までに開業した場合はその年の3月15日までに上記申請書を提出する必要がございます。

青色申告者が生計を一にする親族で一定の要件を満たす者に対して給与を支払う場合、その給与(青色事業専従者給与という)は全額必要経費になります。そのためには開業後2ヶ月以内に納税地の所轄税務署に「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出する必要がございます。

ただし2年目以降に青色事業専従者給与を支払う場合には、その年の3月15日までに届出をする必要があります。
又届出後に、給与の金額やその他の届出事項について変更が生じた場合には、遅滞なく「変更届出書」を所轄税務署に提出する必要がございます。

<< 前の質問へ  |  税金に関するQ&A一覧に戻る  |  次の質問へ >>

このページの先頭へ