不動産用語集

用語集③

不快指数

蒸し暑さの度合いを知るための目安。人の体感温度は、気温だけでなく湿度にも左右される。気温が高くても湿度が低ければカラリとして暑苦しくはない。逆に気温が低くても湿度が高いとジメジメしてうっとうしくなる。そこで、気温と湿度の両面から快・不快の程度を表したのが「不快指数」。気流や日射など、そのほかの要素の影響は考慮されていないため、屋外の気候を評価する指標としてはあまり正確ではない。室内向きの指標。

<< 前の用語  |  不動産用語集トップ   |  

用語集③の他の用語

このページの先頭へ