不動産用語集

用語集④

必要月収

住宅金融公庫の収入基準の一つで、毎月返済額の5倍以上の月収があること。ここでいう月収とは、いわゆる月給とは別で、ボーナスを含む前年度の税込み年収を12か月で割った金額。たとえば年収600万円なら月収は50万円。毎月均等払いの返済額が、この5分の1=10万円以内に収まらなければならない。返済負担率でいえば20%以内。なお、財形住宅融資や住宅債券積立者の場合の必要月収は、毎月返済額の4倍以上になる。

<< 前の用語  |  不動産用語集トップ   |  次の用語 >>

用語集④の他の用語

このページの先頭へ