不動産用語集

用語集③

ワークトライアングル

冷蔵庫、シンク、コンロの前面中心を頂点とする三角形のこと。キッチンの作業動線の善し悪しをチェックするための目安のひとつ。ワークトライアングルの各辺が長すぎると、動きに無駄ができて疲れやすくなる。逆に短すぎると調理や配ぜん、収納などのスペースが足りなくなる。一般的には三辺の合計が3600mm~6000mmに納まるのが適切とされている。ただし、1列型キッチンの場合は例外。3600mmを超えると使いづらくなる。

<< 前の用語  |  不動産用語集トップ   |  次の用語 >>

用語集③の他の用語

このページの先頭へ